窓モールとは?メリットデメリットやポイントを解説|窓モールのあるカリフォルニア風の実例も | アートワークホーム

Column

コラム

2024.03.05

窓モールとは?メリットデメリットやポイントを解説|窓モールのあるカリフォルニア風の実例も

窓モールとは?カリフォルニア風の家には欠かせないパーツ

アメリカンな家や輸入住宅などをよく見ると、窓の周りにに装飾が施されているのをご存じでしょうか?

それらは「窓モール」といい、家の外観を構成するパーツのひとつです。

窓モールは輸入住宅をはじめ、北欧風の家やカリフォルニア風の家など、海外のような住宅の大きな特徴でもあります。

今回の記事では、千葉県で数多くの注文住宅を手がけているアートワークホームが「窓モール」に注目し、メリットデメリットや取り入れる際のポイント、そして窓モールがおしゃれなカリフォルニア風の家の実例もご紹介します!

 

このコラムのポイント
  • 窓モールとはどのようなパーツかを解説します。
  • 窓モールの効果やメリット・デメリットについても解説します。
  • 家に窓モールを採用する際のポイントをお伝えします。
  • 窓モールを採用したおしゃれなカリフォルニア風の家の実例をご紹介します!

 

窓モールって?

まずは「窓モール」とはどんなものかを確認しておきましょう。

窓モールとは

窓モールとはどの部分?

>施工実例 カリフォルニアスタイルの家

窓モールとは、上の写真の矢印で示した部分です。

具体的には「窓枠や窓の周りに取り付けられた板状のもの」を指します。

窓モールはただ単に「モール」と呼んだり、次のような呼び方をすることがあります。

  • モールディング
  • 化粧モール
  • 窓化粧枠
  • 窓枠飾り

これらは同じ意味で用いられているケースがほとんどです。

窓モールは主に建物の装飾を目的としていますが、窓自体の素材によっては機能的な役割も担っています。

窓モールの種類

窓モールの代表的な素材には次の3つの種類があります。

  • 木製
  • 金属製
  • 樹脂製

窓モール専用の製品や破風板・幕板を用いたり、サイディングに塗装をして用いる場合もあります。

窓モールの効果・メリット

窓モールの効果・メリット

家の窓周りに窓モールを取り入れることで、次のような効果やメリットが期待できます。

  • 家の外観の意匠性を高めてくれる
  • 外国風の外観になる
  • 木製サッシの交換を容易にする

以下にそれぞれをもう少し詳しくご説明します。

家の外観の意匠性を高めてくれる

窓モールは家の外観の意匠性を高めるという点で、大きな効果があります。

窓を装飾することで窓の輪郭が強調されて際立ち、とても表情豊かで温かみのある雰囲気のある外観となります。

また、「窓モール×窓枠」あるいは「窓モール×外壁」などの色の組み合わせによっても、家の印象を大きく変えることも可能です。

このような窓モールがアクセントとなり、家の外観をよりデザインの凝った意匠性の高いものにしてくれます。

外国風の外観になる

ほとんどの輸入住宅で窓モールが採用されているように、欧米の住宅では窓モールが外観の特徴のひとつです。

カリフォルニア風の家や北欧風の家にしたい場合、窓モールを取り付けることで外国風の外観に仕上げられます。

木製サッシの交換を容易にする

窓モールはデザイン性だけでなく、木製サッシを交換しやすくする効果もあります。 

輸入住宅などでは窓が木製サッシである場合が多く、木製サッシと窓モールの組み合わせてはとてもおしゃれです。

一方で、木製サッシは通常のサッシよりもお手入れが必要でもあります。

万が一、経年に伴って木製サッシを交換する場合、窓モールを外すことで家の外壁や断熱材などの損傷を軽減し、交換しやすいという効果があります。

窓モールのデメリット

窓モールのデメリット

一方で、窓モールを取り入れることで、次のようなデメリットも生じます。

  • 窓モール分のコストがかかる
  • メンテナンスが必要なケースもある

同様に、それぞれをもう少し詳しくご説明します。

窓モール分のコストがかかる

一般的な窓であれば窓を取り付けて終了ですが、窓モールは窓の周りに装飾を施すため、その分のコストが必要となります。

コストは窓モールに用いる製品や材料によって異なるため、追加で窓モールを施行する場合は見積もりや費用を確認し、予算と照らし合わせるようにしましょう。 

メンテナンスが必要なケースもある

木製の窓モールを用いた場合はメンテナンスが必要な場合もあります。

天然の木は風合いもよく、より家を上質でおしゃれに見せてくれます。

一方で経年劣化が樹脂やその他の素材よりも早いため、老朽化具合によってはメンテナンスが必要となります。

多くの窓モールは取り換えや後付けも可能ですが、その分の手間やコストはデメリットといえるかもしれません。

あらかじめ防水性や耐久性を高める塗料を塗っておくのもひとつです。

窓モールを取り入れる際のポイント

窓モールを取り入れる際のポイント

家の窓に窓モールを取り入れる際は、次のポイントを押さえておきましょう。

色の組み合わせ

「窓モールの興亜・メリット」の項目でも少しお伝えしましたが、窓モールとそのほかの部分との色の組み合わせによって、印象が大きく変わります。

窓モールと次の部分のコーディネートを考慮して窓モールの色を決めるとよいでしょう。

  • 窓モールの色 × 窓枠の色・外壁の色・屋根の色・破風板の色・その他パーツの色

外壁との組み合わせでは、次のパターンをご参考にしてください。

【窓モールを目立たせたい場合】

窓モール:白または薄い色 × 外壁:濃い色

窓モール:木目または濃い色 × 外壁:薄い色

【窓モールをなじませたい場合】

窓モール:白または薄い色 × 外壁:白または薄い色

同様に窓枠の色と対比させたりなじませたり、屋根の色や破風板の色等と揃えたりなど、自分たちの好みに合わせてコーディネートするとオリジナリティのある家が完成します。

難しい場合は建築士やハウスメーカーの担当者に、「こんなイメージにしたい」等の希望を伝えながら相談するとよいでしょう。

防水処理

窓モールを取り付ける際は、取り付ける箇所の下や周りにしっかりとした防水処理を行うのがポイントです。

防水性の高い塗料の塗布や、防水コーキングをしっかりと施して雨水の侵入を防ぎます。

窓モールの施工経験が豊富な業者へ依頼すると安心です。

窓モールが素敵なカリフォルニア風の家の実例

窓モールが素敵なカリフォルニア風の家の実例

明るく開放的な雰囲気が魅力の「カリフォルニア風の家」は、海やアウトドアなど自然が好きな方々を中心に幅広く人気のあるスタイルです。

カリフォルニア風の家の代表的な特徴は次のとおりです。

  • ラップサイディングの外壁
  • カバードポーチ
  • 三角屋根
  • 窓モール

その中でも今回のテーマである「窓モール」に注目しながら、おしゃれな実例をいくつかご紹介します!

カリフォルニア風の家に関しては、次の記事もご参考にしてください。

>関連コラム カリフォルニアスタイルの家で後悔しがちな5つの点と対策|施工例と共にご紹介

「濃いブルーの窓モール×白壁」のカリフォルニア風の家

「濃いブルーの窓モール×白壁」のカリフォルニア風の家①

窓モールを濃い目のブルーにし、外壁やサッシ、玄関ドアやカバードポーチなどそのほかの部分を白で統一したカリフォルニア風の家です。

「濃いブルーの窓モール×白壁」のカリフォルニア風の家②

窓モールを際立たせつつさわやかさと清潔感のある外観は、年月を経ても飽きのこないデザインです。

暖色系の照明がよく似合い、夕暮れ時にはまた違った表情を見せてくれます。

「濃いブルーの窓モール×白壁」のカリフォルニア風の家③内装

内装にも濃いブルーを取り入れることで、外観とのつながりをもたらします。

おしゃれな照明もカリフォルニア風の家にマッチしています。

>この施工実例の写真をもっと見る

 

「白い窓モール×スモーキーカラーの壁」のカリフォルニア風の家

「白い窓モール×薄いブルーグリーンの壁」のカリフォルニア風の家1①

こちらはスモーキーな薄いブルーグリーンの外壁に、白い窓モールを組み合わせたカリフォルニア風の家です。

サッシ・軒天・柱を白色で統一することで、窓モールが目立ちすぎず上品な外観となっています。

「白い窓モール×薄いブルーグリーンの壁」のカリフォルニア風の家② 内装

白とナチュラルな木目を基調とした、明るく開放感のある内装です。

「白い窓モール×薄いブルーグリーンの壁」のカリフォルニア風の家③

玄関側の窓は、形と大きさを揃えてすっきりとしています。

窓モールはすべての窓に施さなくても外観のアクセントとなり、バランスよく仕上げることが可能です。

>この施工実例の写真をもっと見る

「水色の窓モール×白壁」のカリフォルニア風の家

「水色の窓モール×白壁」のカリフォルニア風の家①

こちらは白壁に淡い水色の窓モールを施したカリフォルニア風の家の実例です。

サッシやカバードポーチ、玄関ドアも白で統一されています。

水色の優しい色合いが白壁いラップサイディングとよくなじみ、さわやかな海風が感じられるような清涼感あふれる外観です。

「水色の窓モール×白壁」のカリフォルニア風の家② キッチン

キッチンにはカリフォルニア風によく似合うヘリンボーンが用いられており、白を基調としたインテリアにマッチしています。

>この施工実例の写真をもっと見る

「白い窓モール×白壁」のカリフォルニア風の家

「白い窓モール×白壁」のカリフォルニア風の家①

外壁と窓モールを白で揃えても素敵です。

「白い窓モール×白壁」のカリフォルニア風の家②

屋根やカバードポーチのデッキ、玄関ドアをあたたかみのある茶色でまとめ、かわいらしい雰囲気がプラスされています。

このように広いカバードポーチがあるのも、カリフォルニア風の家の魅力ですね。

カバードポーチに関しては、こちらの記事もご参考にしてください。

>関連コラム カバードポーチのある家の施工事例|メリットや後悔を防ぐポイントも解説

「白い窓モール×白壁」のカリフォルニア風の家③ 内装

吹き抜けのある室内は開放感にあふれ、床とデッキにつながりがあることで居住空間がをより広く見せてくれています。

>この施工実例の写真をもっと見る

まとめ

窓モールは窓周りに取り付けられた板状のものを指し、主に装飾を目的として用いられます。

欧米など海外の住宅で多く用いられているため、窓モールを付けることでカリフォルニア風の家や外国のような外観の家にすることができます。

家の窓に窓モールを取り入れる場合は、色の組み合わせや防水処理に留意することで、デザイン性が高まるだけでなく機能的にも満足のできるマイホームを実現できます。

窓モールに関して色の組み合わせ方や機能面で不安な場合は、あらかじめ施工経験の豊富な業者を選んでおくことも大切です。

希望を伝えながらどんどん相談して、アドバイスをもらいましょう。

これからマイホームをご検討中の方や、カリフォルニア風など欧米のようなおしゃれな家に住みたいとお考えの方は、ぜひ今回の記事をお役立てくださいね。

 

アートワークホームと一緒に「本当に楽しいオーダーメイドの家づくり」をしてみませんか?

アートワークホームでは「アート作品をつくるように、一緒に楽しみながらお家づくりをする事」をコンセプトに、アトリエ建築家とタッグを組んでお客様の理想の家づくりのお手伝いをしています。

建物はもちろん、お家をより一層素敵に彩る「お庭」のデザインもお任せください。

健康でエコな暮らしに欠かせない住宅性能についても、国内トップレベルの性能値ををお約束しています。

もちろん、資金計画や土地選びでも、アートワークホームがしっかりとサポートさせていただきます。

「高性能」×「デザイン」×「ガーデン」のトータルでの家づくりをご提案し、お客様の理想の家・理想の暮らしを一緒に考え、「本当に楽しいオーダーメイドの家づくり」を叶えます。

おしゃれで高性能な家を建てたい方、お庭や外構までトータルで家づくりをお考えの方、そしてアートワークホームの家づくりにご興味を持っていただいた方など、お気軽にお問合せください。

おしゃれなモデルハウスもオープンしております。

ぜひアートワークホームの家を体験しにいらしてください。

モデルハウス来場予約

千葉県で注文住宅/新築一戸建てを建てるなら、アートワークホーム(Artworkhome)までお気軽にご相談ください。

【高性能】【デザイン】【ガーデン(庭)】に自信があり、施工エリアは習志野市/船橋市を中心とした千葉県全域となります。

アートワークホーム Artworkhome